2008年8月18日月曜日

はいろ^

桃は粉ミルクに対してやはりあまり好きでないようで、結局母乳ほどおいしくありません。。。でも、私はゆっくりと適応するべきだと感じて、すべて1つの適応した過程のからで、姑は桃のお父さんが小さい時粉ミルクを食べないのだと言って、私が感じますかますおりていないのはむごくて、さもなくば子供は空腹でとても何も食べて、ましてそんなに多い子供はすべて粉ミルクを食べて、私の家の桃はできて、どっちみちこのようなを経験して乳の過程のを回転します。私は少しむごいでいようでこのように、しかし私は少なくとも理知があるとと感じます。姑はいつも“本当にあなたのお母さんに分からないでどうしてどうしてもこのクラスに行かなければならないと言って、彼女のお父さんは小さい時私ははっきり分からないで上がりません。。。。。。”私は心理を聞いてとても嫌な感じがして、まるで私は責任者のお母さんではありませんて、1人の利己的なお母さんです。私、長くただ私の家庭の未来を考慮しにくるだけと思って、私は1人のぽつんと立っているお母さんをしたくて、もし私は本当に出勤しませんならば、恐らく将来私はまた“の家庭の主婦のお母さんにひとつなって、家で子供を連れて金を稼がないで旦那さんのお母さんを食べて、生きているのは家でとてものんびりしているお母さんひとつです”,要するに、私は私が出勤するべきだと感じて、今社会が競争するのは激烈すぎて、私はそれでは長年の本を読んで、家にあるために子供にご飯にえさをやったのではありませんて、自分の価値を実現することができることを望むので、私の子供に1つのもっと良い発展の空間をあげて、桃のお父さんは一体私を理解することができて、姑の考えも彼女の道理がないのではなくて、結局もし私は出勤しませんならば、みんなはすべて過ぎるのがのんびりして心地良いことができて、彼らの商売にも影響することはでき(ありえ)なくて、しかし、申し訳ないで、私は万事はすべてあなた達のを聞くことができなくて、私がマスターして言いません。

でもところで来て、姑が子供の私を連れるのは安心したので、彼女はとても桃をかわいがって、とても根気よく愛があることがあって、これは私にとって足りて、私は毎日出勤して晩に仕事がひけて帰ってまだ桃を持たなければならなくて、実はとても疲れます。。。。毎日6:00前はもうすぐ起きて、洗面した後に子供に乳を飲ませて、家(姑に来て私が家事をすると言いたくありません)を整理して、自分で朝食を食べて(桃のお父さんが毎分時間が初期眠って,は実は精神が,が更に悪くなくて仕事をして部門まで(へ)多く更に食べることができますかをしっかりつかみます。。。)。部門の仕事は一体あまり緊迫(緊張)しないで、指導(者)が私に同情して私を少し移行させて、私は私が一体利用してこの時間がいくつか通信の知識をよく勉強することができると感じて、結局私は門外漢です。その上私も競って14を招聘したくて、


投資
投資
卓上の貴公子
自ら書き出すコンサルタントとして力
営業職ガイド
職安に登録しよう
シスコシステムズ機器
営業やるなら別行動
アフィリエイトで稼ぐ。目指せ100万円
汐留エキサイト
私的世界
職安

0 件のコメント: